M's R&D活動ブログ

仮想空間セカンドライフを中心とした活動です。

無人走行車両についての考察

あまりメインランドで活動をしていない人や遊んでいない人には
わからないと思いますが・・・

現在のメインランドの公道や公式鉄道では個人が作った
無人自動操縦の乗り物が縦横無尽に走り回っている実情があります。

1番多く見かけるのはAnnMarieと言う人の作った車両です。
この車両は独自のAIシステムによりLinden所有の土地を探して
どんどん進んでいくタイプの物です。

20110602annmarie_001.jpg

形的には自動車、トラック、耕運機、トレーラー、バン、バス、
戦車、蒸気機関・・・・と様々な形状をしていて
場にそぐわない物も多数・・・

20110602annmarie_002.jpg

戦車に至ってはクリックするとRez禁止場所だろうが発砲してきます。

まぁ全くコントロールされていない状態であちこちで事故を誘発して
メインランドで遊んでいる人達に不快な思いをさせます。

以前より問題になっていたもの何故がLindenは容認状態です(´・ω・`)

そこで一部の住人達がLinden宛に嘆願書を提出する事になった模様です

http://www.petitiononline.com/scmobile/

↑是非署名活動にご協力下さいm(_ _)m

また昨日早朝(日本時間)行われた 鉄道関係の会議(Linden&Mole参加)
においても無人自動操縦については論議されました。

http://wiki.secondlife.com/wiki/Second_Life_Railroad/Rail_Community/2011-06-03

線路上においても数多くの無人自動操縦列車や車両などが往来していて
無法状態となり自分の車両を操縦して楽しむ人にとっては
少し困った状況になりつつあります。

20110605ran_001.jpg

Lindenのスタンスを要約すると形状が場にあうちゃんとした物であれば
ほぼ容認のような感じに思えます(´・ω・`)

ん〜困ったもんだ><

・・・・・つづく・・・カモ

Comments

Comment Form

Trackbacks